×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ipodnano|アップル製音楽再生プレーヤーの概要

ipodnanoといえば、アップルから発売されている手のひらサイズの超小型の音楽再生プレーヤーですが ipodnanoは2005年9月に発売された、第一世代機種と2006年2月に発売の第二世代機種、 そして、2006年9月に発表された第三世代機種がありますが、ipodnanoの第一世代機種は、 は90mm(縦)× 40mm(横)× 6.9mm(厚)、重量42gで、メモリ容量が 2GB(価格は21,800円/$199)タイプと4GB(価格は27,800円/$249)の2モデルです。 ipodnanoの第一世代機種では、液晶画面の故障トラブルが相次ぎ、全出荷数のおおよそ、 0.1パーセントに不具合が 発生し、交換には応じたようですが、その為に、ipodnanoの液晶画面の保護の為に、 保護ケースが発売されました。

アップルipodnanoの第二世代機種と第三世代機種

ipodnanoの第二世代機種では、カラーバリエーションは5色です、 ipodnanoの第二世代機種の大きさは第一世代に比べねとほんの少しですが、小さくなってます。 ipodnanoの第二世代機種の大きな特徴は、ディスプレイの輝度が40パーセントアップしたことと、 大容量の8GBが新しく追加されたということでしょうか。 2007年9月には、ipodnanoの第三世代機種が発表されてます。 ipodnanoの第三世代機種では、動画の視聴や、iTunes Storeで購入したゲームをプレイすることも 可能になってて、音楽だけでなく、動画やゲームも楽しめちゃいます。 ipodnanoの第三世代機種は、バッテリーの持続時間は動画で5時間、オーディオでは24時間。 アップルストアでの価格は4GBモデルが1万7800円、8GBモデルが2万3800円です。 補足ですが、ipodnanoの第三世代機種でしようされているメモリは、 東芝製とサムスン製で、いずれも、フラッシュメモリが使われています。

アップルipodnanoの充電機能

ipodnanoの充電機能ですが、別売りで市販されているものもあり、大体価格は1000円前後、 操作は簡単なようです。パソコンから充電するには、パソコンとの相性だとか、 結構使い方の設定が面倒なようです。 ipodnano購入後に、すぐに使えない..と悩む方も多くいるようです。 ipodnanoを使い慣れている方や、パソコンの操作にある程度知識のある人には、それほど苦労せずに、 すぐに、使えるようになると思いますが、そうでない人には、ipodnanoを使いこなすには、 その使い方をいろいろ調べてみる必要があります。ipodnanoの使い方は、インターネット上や、 書籍などに、使い方を詳しく解説した情報がありますから、ipodnanoの使い方をしっかり、理解してから ipodnanoを楽しく利用しましょう。

Copyright © 2008 ipodnanoの使い方機能充電方法など